gaiyou_m

 

社名    中村美工堂

 

代表    中村大二郎

 

社員数   2名

 

所在地   〒600-8033

      京都市下京区寺町通高辻上ル恵美須之町-551

 

業務内容  神額・仏額・木彫看板の制作・修理・

      施工・デザイン等

 

 

 

 

 

明治32年に京都の伏見にある城南宮へ奉納された連名額が中村美工堂作であることから119年もの間、希少な伝統工芸としての木彫看板を今もつくり続けております。

 

長年培われた技能により傷んだ神額・仏額・木彫看板修復、木材の購入から長期間の乾燥・木取り・鉋掛け・原稿の文字づくり・彫刻・漆塗り・金箔押し・彩色・仕上、現場への施工まで全てを中村美工堂は行うことが可能です。

 

右の写真は、京都市内を焼き尽くした天明の大火によって罹災した「御額看板所」の榜額と初代中村弥一郎が事業を興すまでを伝える牌で、塚本源三郎(号:八年老人)氏による揮毫です。

 

→(左)「御額看板所」榜額

 (右)榜額に添えられた牌